ちゃっぷのいつでも映画日和

考察大好き人間による映画の感想・考察記事を書いています(*´ω`*)

映画『LAMB/ラム』の感想・考察 ラストの意味&アダの父親の正体

羊から生まれた羊人間と、家族を描いた映画『LAMB/ラム』。 切なさ・狂気が詰まったスタートからラストまで一気に駆け抜けていく映画で、ドロッとしているけど意外とあっさりしていて、観やすさがあったし面白かったです。 どちらかといえば歪んだ家族愛と…

映画『パラサイト 半地下の家族』の感想・考察 ラストの意味&それぞれの行動理由

金持ち一家を騙し、侵食する家族を描いた映画『パラサイト 半地下の家族』。 話題作ということで何となく敬遠していましたが…闇に塗れたそれぞれの家族模様・コメディなテイストが想像以上に観やすい映画で、ストーリーも面白かったです。 どちらかといえば…

映画『この子は邪悪』の感想・考察 ラストの意味&タイトルの『この子』とは

少しずつ幸せに向かっていた家族の、真実と裏を描いた映画『この子は邪悪』。 どんどん不穏になっていくストーリーと、結局怖いのは人間だったと感じる映画で…考察次第でオカルトにもサイコホラーにもなる映画で面白かったです。 どちらかと言えば人間の闇を…

映画『TENET テネット』の感想・考察 最後のニールやキャット&逆行の仕組み

時間を逆行しながら、人類のために『未来からの装置』を巡って戦う映画『TENET テネット』。 なかなかに難しいストーリーで最初は戸惑うばかりでしたが、伏線を回収しながらどんどん過去へと向かっていくストーリーは魅力的で面白かったです。 どちらかとい…

映画『漁港の肉子ちゃん』の感想・考察 二宮の変顔&最後の「おめでとう」の意味

とある親子の人生と成長を描いた映画『漁港の肉子ちゃん』。 個性は強いけど親しみやすくて憎めないキャラクターたちの面倒な女子特有の成長や、ほっこりとする親子の絆・変化が感じられる映画で面白かったです。 どちらかといえば女子特有の面倒臭さ・成長…

映画『秒速5センチメートル』の感想・考察 明里と貴樹の恋&ラストの意味とその後

子供から大人になって変化していく恋模様を描いた映画『秒速5センチメートル』。 男女での恋愛観の違いが感じられる映画で、テーマは面白いのですが…小説っぽいキャラの語りや『待ち』が多い恋模様は、個人的にはあまり好みではなかったですね。 どちらかと…

映画『言の葉の庭』の感想・考察 その後の2人&ラストの意味&雪野が短歌を詠んだ訳

訳アリな男女の出会い・恋・人生を描いた映画『言の葉の庭』。 映像と音楽がとても神秘的でキレイな、ストーリーも人生に躓いている人に響くような内容がギュギュッと詰まった映画で…個人的には結構好きでした。 どちらかといえば短めだけど面白い映画をお探…

映画『余命10年』の感想・考察 和人(かずくん)の言動の意味&ラストの意味

難病で余命10年になった女性の恋・葛藤・人生を描いた映画『余命10年』。 重ためなスタートでだいぶメンタルが持っていかれましたが…踏み出せない悲しみ・悔しさといった感情表現、幸せな恋と切ない別れが丁寧に描かれた魅力的な映画でした。 どちらかといえ…

映画『殺さない彼と死なない彼女』の感想・考察 出来事の時系列&きゃぴ子と地味子

正反対で似た者同士な二人の恋模様を描いた映画『殺さない彼と死なない彼女』。 個性の強いキャラと青春詰め合わせ感に最初は抵抗感がありましたが…意外と親しみやすさ・ストーリー性が感じられる青春・恋愛映画で、すごく面白かったです。 どちらかといえば…

映画『ファーザー』の感想・考察 時系列順の考察&見知らぬ男と女の正体

認知症の父親と娘の人生と葛藤を描いた映画『ファーザー』。 切なく謎めいたストーリー展開が魅力的な映画なのですが、イヤミスとは違ったしんどさ・ホラーとは違った怖さがある映画で…視聴後の気分はあまり良くなかったですね。 どちらかといえば親子の人生…

映画『マスカレード・ナイト』の感想・考察 犯人の犯行動機&最後の無理ですの意味

『マスカレード』シリーズ2作目の映画『マスカレード・ナイト』。 魅力的な謎・闇深い犯人に翻弄されながらも、前作をより分かりやすさがUPしているなぁと感じる部分が多くて…良いんだけど、少し好みが分かれそうな映画に感じました。 どちらかといえば分か…

映画『マスカレード・ホテル』の感想・考察 犯人が捕まらなかった理由&ラストの意味

犯行予告を受けたホテルを舞台に、犯人を探すホテルマンと潜入捜査官の仕事を描いた映画『マスカレード・ホテル』。 ホテルマンとしての仕事模様・全てが疑わしいミステリーといった魅力的なストーリーに加えて、豪華キャストによる嫌な客が実にリアルですご…

映画『ドライブ・マイ・カー インターナショナル版』の感想・考察 ラストの意味

妻を失った男のその後の人生を描いた映画『ドライブ・マイ・カー インターナショナル版』。 深み・重さのある魅力的なキャラクターと、感情的と無感情が同居しているような感情表現が印象的な映画で、面白いと言うよりかはすごく良い映画でしたね。 どちらか…

映画『牛首村』の感想・考察 最後の意味&エンドロール後の意味

心霊スポットで行方不明になった双子の妹を探す姉を描いた映画『牛首村』。 恐怖の村シリーズ3作目ということで正直期待してませんでしたが…今までのシリーズ作品よりストーリー性・怖さ・考察要素がしっかりある映画で、意外と面白かったです。 どちらかと…

映画『ラストナイト・イン・ソーホー』の感想・考察 エリーの能力&ラストのサンディの意味

過去の見える少女が真実を追い求める映画『ラストナイト・イン・ソーホー』。 ただのタイムスリップものかと思いきや、魅力的なキャラクターときらびやかな時代の裏に隠された闇が感じられる映画で…結末も含めて面白かったです。 どちらかといえば人間の闇を…

映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の感想・考察 ラストの意味

ヴェノムシリーズの続編映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』。 前作のヴェノムとエディの笑えるコンビ感・面白さはそのままに、敵にも感情移入できる部分が増えていて…前作とは違った魅力も感じられる映画だったかなと思います。 どちらかとい…

映画『ヴェノム』の感想・考察 シンビオートの正体と4体の行方&ラストシーンの意味

人間と共生する地球外生命体を描いた映画『ヴェノム』。 最初は主人公のキャラクターに不安がありましたが…ヴェノムとエディの掛け合いがすごく笑えて、スパイダーマンを知らなくても楽しめる映画で面白かったです。 どちらかといえば笑える最強コンビがお好…

映画『ブレイブ -群青戦記-』の感想・考察 不破の行動理由と目的&ラストの意味

戦国時代で部活経験を活かして戦う少年たちを描いた映画『ブレイブ ‐群青戦記‐』。 引き込まれる地獄絵図なスタート&青年マンガ的な面白さに惹き込まれるものがある映画で、最初から最後まで楽しめる面白い映画でした。 どちらかといえばちょっと残酷な青年…

映画『大怪獣のあとしまつ』の感想・考察 デウスエクスマキナの正体&ラストの意味

怪獣が倒れたその後を描いた映画『大怪獣のあとしまつ』。 かなり独特な笑いとセリフ回しの多い映画で、オチこそ笑えたものの主人公格のキャラクターが多いこともあってか、個人的に好みではありませんでしたね。 どちらかといえば主人公格のキャラクターが…

映画『竜とそばかすの姫』の感想・考察 竜としのぶの想い&すず(ベル)の好きな人

電脳世界と現実両方での出会いと成長を描いた映画『竜とそばかすの姫』。 多種多様で濃ゆいキャラクターたちとストーリー展開で好みは分かれそうですが、電脳世界での映画『美女と野獣』っぽさと楽曲は良いなと感じる映画でした。 どちらかといえばストーリ…

ほろりと泣ける…心にグッと来るおすすめの切ない恋愛映画14選

思わず泣いてしまう、心にぐっとくる作品が多い『恋愛映画』。 今回はそんな中でもほろりと泣けるような、心にグッと来る切ない恋模様を描いた恋愛映画についてご紹介していきます。 「泣ける恋愛映画を探している」という方、「明るい恋模様も良いけど切な…

映画『オールド』の感想・考察 ラストの意味&ホテルの女性/マドリッドが黒幕説

時の流れが加速するビーチでの狂気と生存を描いた映画『オールド』。 人間的な狂気を描きつつも意外な展開へと持っていく映画で、観る人によって感想が変わってくるような…なんというか紙一重な映画でした。 どちらかといえば理解し難いほどの狂気を描いた映…

映画『ショーシャンクの空に』の感想・考察 アンディー事件の真犯人&各々の行動理由

刑務所に入れられた男たちの人生と友情を描いた映画『ショーシャンクの空に』。 刑務所という仄暗い場所での面白おかしい日常から、切実な想いや切ない想いも描きつつキレイに締めくくられる映画で…良い映画だったと思います。 どちらかといえば仄暗い場所で…

映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』の感想・考察 佐和子のマンガの真相

不倫された漫画家を描いた映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』。 生々しい不倫劇を描きつつも、笑いながら「ざまぁ」と楽しめるような映画で面白かったです。結末も個人的には気に入っています。 どちらかといえば不倫劇や女性向けマンガのよう…

映画『ローマの休日』の感想・考察 ラストの記者会見の意味&アン王女とジョーの関係

言わずとしれた名作映画『ローマの休日』。 今回が初視聴なのですが…思った以上に親しみやすさ・切なさ・温かさがギュギュッと詰まった少女マンガのような恋模様が魅力的な映画で、めちゃくちゃ面白かったです。 どちらかといえば少女マンガのような恋模様が…

映画『真夜中乙女戦争』の感想・考察 黒服の正体&ラストで黒服とキスをした理由

とある出会いから始まる非日常を描いた映画『真夜中乙女戦争』。 独特な世界観・キャラが印象的な映画なので個人的にはあまり好みではありませんでしたが…違った視点から自分なりの考察を繰り広げるのは楽しかったです。 どちらかといえば現実離れした独特な…

映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』の感想・考察 最後の絵文字の意味

最低男たちに復讐する女性を描いた映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』。 不快感を感じるほど最低な男に「ざまぁ」としか言いようのない見事な復讐劇が繰り広げられる映画で、女性としては共感できる部分もあって面白かったです。 どちらかといえばざま…

映画『樹海村』の感想・考察 ラストのねねの意味&コトリバコ(呪いの箱)の正体

恐怖の村シリーズの第2弾となる映画『樹海村』。 富士の樹海×ネットで有名な怖い話を組み合わせたテーマ、耳からじわじわとくる恐怖感が魅力的な映画でしたが…考察次第な節が強いので、好みは分かれそうでしたね。 どちらかといえば自分なりの考察を楽しめる…

映画『約束のネバーランド』の感想・考察 ラストでエマが口パクで言った言葉

真実を知った子どもたちが、外の世界への脱出を目指す映画『約束のネバーランド』。 原作を知っているのでずっと敬遠してきた映画だったのですが…想像していたよりも映画ならではの魅力が感じられるようになっていて、思っていたよりも良かったです。 どちら…

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の感想・考察 ラストの意味

魔法動物が大好きな魔法使いの奮闘を描いた映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。 面白かわいい魔法動物・魔法などのファンタジーさの中に、しっかりと現実的な要素が盛り込まれていることで物語に入り込んだような感覚で楽しめる映画でした…