ちゃっぷのいつでも映画日和

考察大好き人間による映画の感想・考察記事を書いています(*´ω`*)

映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』の感想・考察 エイリアンとラスト

世界侵略:ロサンゼルス決戦 (吹替版)

 

エイリアンと軍人たちの戦いを描いた映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』

 

軍人がエイリアンと戦うカッコいいSFアクション映画かと思いきや…戦争の虚しさや残酷さを強く感じられるような映画で、ラストまでやりきれない想いが残るようなリアルさもある映画になっていましたね。

 

なのでSFアクション映画やカッコ良い作品をお求めの方よりも、戦争映画特有の残酷さや虚しさが強い作品がお好きな方におすすめな作品です!

 

 

映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』の作品情報

 

あらすじ

年齢を理由に退役することを決めていた軍人・ナンツ軍曹。

 

もうすぐ退役…というところで突如として現れた大量の流星群が世界中に降り注ぎ、それと共に正体不明の武装集団が海岸に出現…街と多くの人々が攻撃を受け、ロサンゼルスは瞬く間に壊滅寸前に追い込まれました。

 

街に取り残されている民間人を救うためにマルチネス少尉率いる2-5小隊に入ることになったナンツでしたが、ナンツの過去を知る小隊メンバーとは馴染めずにいる様子。

 

しかしそんな最中にも謎の敵からの攻撃は止むことなく続き…。

 

予告動画


映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』予告編

 

動画リンク

 

映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』の感想

 

【面白ポイント】

  • SF要素のある戦争映画
  • 機械的だけど人間的なエイリアン
  • カッコ良さより残酷さや虚しさが強い

 

SF要素のある戦争映画

今作は敵がエイリアンということでSFアクション系の映画なのかなと思われるかもしれませんが、戦い方的にもキャラクターの心情的にも、SFアクション映画というよりかはSF要素のある戦争映画になっています。

 

基本的には謎の軍事的侵略を仕掛けてくるエイリアンと戦う軍人の話です。

 

地球外生命体と戦うSFアクション映画は数あれど、軍事的に侵略してくるエイリアンと戦う軍人という話はあまり聞いたことがなかったので斬新で良いなと思ったのですが、軍事的に攻めてくる分、エイリアンが人間臭くてSF要素は薄れているように感じました。

 

また人間側も「エイリアンを倒してやる!」という闘志よりも「生き残りたい…」「怖い…」という恐怖の方が勝っていて、SF・アクション要素よりも苦痛しかない戦争により摩耗していく軍人の恐怖や、戦争故の残酷さの方が強かったですね…。

 

印象としてはアニメ『進撃の巨人』の駐屯兵団に近いです。

 

巨人の侵略に対抗しながらも考えていることは「生き残りたい」「怖い」という想いばかりで、本心では戦いたくないと思っている感じがよく似ていましたし、そんな人々を鼓舞する主人公も進撃の巨人のエレンに似ているような気がいたしました。

 

なので『進撃の巨人』が好きという方、そういったSF要素のある戦争映画がお好きな方、戦いたくない人々と闘志に燃える主人公という組み合わせがお好きな方におすすめな作品です!

 

 

機械的だけど人間的なエイリアン

今作のエイリアンは宇宙人というよりもロボットのような機械的な見た目をしていましたし、戦い方も人間臭い要素が多かったので、エイリアンというよりかは未来から襲ってきた人間のように感じました。

 

戦いのために自身の肉体と機械を合体させたロボットのような見た目。

遠距離からの攻撃。

攻撃と防御を兼ねる無人戦闘機。

軍人たちを束ねる小隊長らしき人物の存在。

 

攻撃力と耐久力を高めた進歩した技術がありながら、肝心なところは人頼りなアナログ戦法な感じとか、非常に人間臭くてエイリアン感が薄かったですね。

 

エイリアンというよりも、資源の尽きた未来の地球人たちが過去に資源を奪いにやってきたという方が納得できるような気がいたしました。

 

なのでエイリアン映画が苦手な方でも観やすいような映画になっていた反面、ガッツリとしたエイリアン映画を求めている方には少し物足りなさを感じる様な映画になっていたかなと思います。

 

カッコ良さより残酷さや虚しさが強い

SF要素はあれども戦争色の強い映画、人間のようなエイリアンということもあってか、今作はカッコよさよりも戦争の残酷さや虚しさ、報われなさを強く感じる様な映画になっていたかなと思います。

 

しかも無慈悲に攻撃を仕掛けてくるエイリアン側以上に、人間側がかなり残酷。

 

敵の弱点を把握するためとはいえ、捕獲したエイリアンを生きたまま解剖したりするし、装甲車で敵を倒すときに楽しそうにしていたり、なんというか…戦争故に残酷なことに慣れ、楽しみ始めてしまっていることがすごく怖く感じました

 

また戦い続ければ続けるほど敵味方問わずに多くの被害が出ていますし、戦っていく内に「そんな被害もやむなし」と考えているような戦い方になっていて、カッコよさよりも虚しさや報われなさのようなものを強めていましたね。

 

ラストに逃げようとしている敵船をわざわざ空爆で落としていたのも、個人的には「うーん…」って感じでした。

 

せっかく敵を退けて闘いが終わるはずだったのに、撃ち落とすまで攻撃を続けたせいで味方側のダメージは増えていましたし…勝ちを欲張った戦いのような気がしましたね。

 

それを打ち落としても結局まだまだ戦いは続きますし…なんとも報われない、虚しさばかりがモヤモヤと続くような作品でした。

 

悪い意味ではなく、スッキリすることなく終始モヤモヤとする…これぞ戦争というか、リアルさのある戦争映画になっていて良かったと思います。

 

なのでカッコよさよりもリアルさを求める方におすすめな戦争映画ですね。

 

映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』の考察

 

【考察ポイント】

  • ロボットのような装備のエイリアンについて
  • ラストで破壊された船について

 

ロボットのような装備のエイリアン

地球に襲い掛かっているロボットのような装備をしてエイリアンは、人間にとって敵で

あることに違いはないのですが、彼らも命令されて戦っているだけの一軍人たちなのではないでしょうか。

 

小隊のようなチームで行動し、小隊長らしきまとめ役も存在していましたし、彼らも主人公たちと同じただの軍人…小隊長よりさらの上の存在に指示されて、地球という戦地に送り込まれているのだと思います。

 

そしてあの装備はおそらくダメージを受けても戦わせ続けるためのもの。

 

エイリアンの肉体に埋め込むことで機動力は保たせながら、より多くの敵を倒させるために攻撃力と耐久力を上げさせた…軍人の未来や人間性すらも奪い取るような非人道的な装備だったのではないでしょうか。

 

軍人たちは敵地で戦い、もし生き残っても次の戦地に送り込まれるだけで…戦えども戦えども報われない、捨て駒のような存在なのだと思います。

 

主人公たちもラストでは自分たちの意思で戦っているように見えましたが、実際は戦争に振り回され、戦地で戦い続けるしかない軍人の悲しい運命を背負っている…あのエイリアンたちと同じだったのではないでしょうか…。

 

そう思うと切なく、空しく、残酷ですよね…。

 

ラストで破壊された船について

ラストで主人公たちが打ち落とした船は本船ではなく、ロサンゼルス地区の無人戦闘機を管理・管轄している司令塔のようなものです。

 

あの中には無人戦闘機を遠隔操作しているエイリアンたちが多くいたと思われます。

 

本船は宇宙から隕石のようなもので攻撃してきたことを考えれば、おそらく大気圏外の宇宙にいるのではないでしょうか。そしてそれすらも軍の本部ではなく、現場を管轄・管理している軍支部のようなものなのだと思います。

 

本部はもっともっと安全な場所…彼らの星などにあって、安全圏から支部に指示を出し、支部が各地区の司令塔に伝達し、司令塔が各小隊長に伝達してエイリアンたちを動かしていたのでしょう。

 

最前線のエイリアンたちは常に命の危機に晒され、軍で偉くなればなるほど安全圏にいる…人間と同じですね。

 

だからこそこの戦争は無限にエイリアン・軍人が派遣され続け、どちらかの種族が絶滅するまで永遠に続くのではないかなと思います。

 

まとめ

 

SFアクション映画だと思って観ていたので冒頭では「あまり好きではないかな…」と思っていましたが、観れば観るほど虚しさと切なさと残酷さが増していくように感じられて、予想外に考察まで楽しめる魅力的な作品になっていました。

 

ただ戦って勝利するだけの戦争映画ではなく、報わない虚しさが感じられるような戦争映画がお好きな方におすすめな作品なので、興味のある方はぜひチェックしてみてください!