ちゃっぷのいつでも映画日和

考察大好き人間による映画の感想・考察記事を書いています(*´ω`*)

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の感想・考察 リタの謎

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(吹替版)

 

ファンタビシリーズの2作目『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』

 

1を観ていない状態でしたが、映画『ハリー・ポッター』シリーズは観ていたおかげでカッコかわいい魔法動物を中心にストーリーも思った以上に楽しめて面白かったです!

 

どちらかといえば空想動物・ファンタジー動物がお好きな方、ハリポタシリーズを知っている方におすすめな作品でした。

 

 

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の作品情報

 

あらすじ

不思議な生き物が大好きな魔法動物学者ニュート・スキャマンダー。

 

魔法動物を求めて旅行をしては魔法動物に関する本を執筆する自由な日々を送っていたのですが、魔法省から国外旅行禁止令を言い渡されていました。

 

魔法省の人間に直談判すると、魔法省所属の闇祓いとして脱獄した魔法使い至上主義のグリンデルバルドを捕まえれば、禁止令を解除するという交換条件を出されます。

 

その交換条件を蹴ったニュートでしたが、ダンブルドアからグリンデルバルドが狙っているクリーデンスを探し出してほしいと依頼されてしまいました。

 

戸惑うニュートの元に突然やってきた魔法使いのクイニーは人間のジェイコブと結婚すること、ティナがニュートが婚約したと誤解していることを伝えに来て…。

 

予告動画

www.youtube.com

 

動画リンク

 

  

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の感想

 

【面白ポイント】

  • 魔法動物がカッコかわいい!
  • 1を観てなくても割と大丈夫
  • ハリポタを引き継ぐストーリー

 

魔法動物がカッコかわいい!

今作では主人公が魔法動物大好きということもあってファンタジー動物が多く登場するのですが、それが全体的に自然だしカッコかわいくて良かったです!

 

全シリーズの映画『ハリー・ポッター』の頃から自然なCGと夢のある動物たちが印象的でしたが、今作でもその映像面の良さがしっかりと引き継がれていました。

 

そもそも魔法動物のデザインがかわいいしカッコいいしで良いっていうのはもちろんのこと、映像表現も良いって言うのが良かったです!

 

CGキャラが多く登場する映画だと不自然にCGが浮いていて、最悪の場合はストーリーが頭に入らないほど悪目立ちしてしまうこともありますが…。

 

現実的ではないけどファンタジーの世界と現実世界が程よく溶けこんでいて、夢のある魔法動物たちも違和感なく受け入れることができました!

 

個人的には動いている時に自然なのはもちろんのこと、近くにいる人間が動いた時にちらっと見る動作にリアル動物のような自然さがあって特に好きでしたね。

 

なのでファンタジーな夢のある動物がお好きな方にはもちろんのこと、ファンタジー映画のCG表現に不安を抱いている方にもおすすめな映画です!

 

   

1を観てなくても割と大丈夫

私は1を観ていない状態で今作を観たのですが、ぼんやりとキャラクター性と何となくのストーリーが感じられるおかげで前作を知らなくても割と楽しめました

 

ファンタビシリーズはどうやらハリーポッターシリーズのキャラクターや世界観を多少受け継いでいるようなので、ハリポタをある程度知っていれば大丈夫でしたね。

 

またキャラクターの過去の話だったり態度・セリフだったりで何となくの関係性は掴めるので、前作を観ていなくてもそこそこ理解できました

 

ただあくまでもぼんやりとこうなんじゃないかなと分かる程度で、細かい背景だったり用語だったりは理解しきれなかったです。

 

なので1を観ていなくてもハリポタシリーズさえ知っていればそこそこ楽しめはしますが、全てを理解して完全に楽しむのは難しいように感じました。

 

ただまったく楽しないというわけではないので、興味はあるけど1を購入するほどではないという人は1を観ていない状態でも観てみる価値はあるかと思います。

 

ハリポタを引き継ぐストーリー

今作はあくまでもハリポタと同じ作者さんの別シリーズ作品だと認識していたのですが、思っていた以上にハリポタシリーズを引き継ぐストーリーで驚きました。

 

ホグワーツ・ダンブルドアといった舞台やキャラクターはもちろんのこと、呪文もハリポタシリーズと同じものが多く登場するので…はっきり言ってほぼハリポタ

 

ただ主人公がハリーではない&敵がボルデモートではないというのと、時代がダンブルドア校長が教師をしている頃になっているという違いがあるくらいですね。

 

印象としてはハリーやボルデモートが生まれる前、ハリポタシリーズの前日譚のような感覚に近い作品。

 

なので今作単品で楽しめる作品をお求めの方には不向きな作品かなと思います。

 

どちらかといえばハリポタシリーズを知っている方、同作者の別シリーズとも繋がりがあるような長編作品がお好きな方におすすめな作品でした!

 

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の考察

 

【考察ポイント】

  • クリーデンスが里子に出された理由
  • リタがテセウスと婚約した理由
  • リタが家系図を探していた理由
  • リタが黒猫・マタゴを攻撃した理由
  • レストレンジ家墓地で集会した理由
  • ラストのクイニーの行動理由
  • クリーデンスはダンブルドアの弟?

 

クリーデンスが里子に出された理由

おそらくですが小間使いのハーフエルフ・アーマが赤ん坊の取り違えに気付いたため、赤ん坊のクリーデンスを守ろうとベアボーン家に里子に出したのではないかな。

 

船から脱出した時は慌てていたこともあって気付かなかったかもしれませんが、自宅に帰る前に赤ん坊の取り違えと取り替えた犯人に気が付いたのだと思います。

 

名家の子供、特に愛なき当主が愛した唯一の子供ということでただでさえ外部の人間から命を狙われることが多いのに、もし取り違えに当主が気付いたら…。

 

興味を失って放置されて外部の人間に亡き者にされてしまうか、最悪の場合は逆上した当主が娘共々命を奪う危険性があると懸念したのでしょう。

 

だからこそ見ず知らずの赤ん坊ではあるものの、海難事故から共に逃げ延びたのも何かの縁と里子に出す形で守ろうとしたのだと思います。

 

リタがテセウスと婚約した理由

リタはまだニュートに恋心を抱いているものの、他の女性を愛しているニュートへの恋は決して叶わないからアプローチしてきたテセウスと婚約したのではないかな。

 

つまりリタはテセウスがアプローチしてきた当初は、テセウスのことを嫌いではないけど愛してはいなかったと思います。

 

長い付き合いでニュートを追い続けても実りのない恋だと理解しているからこそ、次の恋に向けて動き出そうとしていただけでしょう。

 

しかしラストでリタが言った「愛している」というセリフは、ニュートではなくテセウスに向けたものだったのではないかな。

 

自分を愛してくれるテセウスを少しずつ愛し出していたリタは、最後の最後はニュートよりもテセウスを選ぶようになっていたのだと思います。

 

テセウスがレストレンジ家墓地の集会所に向かう際にすごく心配して離れ難そうにしていましたし、ラストは身を挺してグリンデルバルドに立ち向かっていましたし。

 

なのでテセウスと婚約したのはニュートへの恋心を忘れるためのつもりだったけど、だんだん本当にテセウスのことを愛し始めるようになっていたのだと思います。

 

リタが家系図を探していた理由

亡くなっているはずの弟が生きていると言い出したテセウスに確たる証拠を見せるためにレストレンジ家の家系図を探していたのではないかなと思います。

 

家系図のコーヴァスの部分が黒くなっていたことを思うと、子孫を残さずに命を落とした人間は自動的に黒くなるような仕様になっていたのでしょう。

 

家系図が木のようになっていたことを思うと、もうその枝は成長しないからそちら側はもう腐り落ちるだけ…みたいな認識なのかもしれませんね。

 

そしてテセウスはレストレンジ家墓地に向かう前に「記録を見れば分かるはず」と言っていたから、その家系図を記録として見せようとしていたのではないかな。

 

リタにとっては弟の話は誰にも触れられたくないトラウマだからこそ、早く家系図を見せてこの話を終わらせようと焦って家系図を探していたのだと思います。

 

リタが黒猫・マタゴを攻撃した理由

多分だけどリタは受付を通さずに家系記録室に不法侵入していたため、自分を襲いに来たと思って攻撃したのではないかなと思います。

 

受付を通って記録室に入ったならニュートたちと同じ階下から入ってくるはずなのに、リタは上階から入ってきたのはそのためでしょう。

 

わざわざ魔法省職員であるリタが受付を通らずに記録室に入ったのは、レストレンジ家の家系図を持ち出そうとしていたためではないかな。

 

記録室に受付とロック付きのドア、その場で閲覧するような机のある個室がいくつか用意されていたことを思うと、おそらく記録室の物は持ち出し禁止なのでしょう。

 

だけどリタはすぐにテセウスに家系図を見せて弟生存の話を終わらせたかったから、黙って持ち出すために不法侵入していたのではないかな。

 

つまりリタが黒猫・マタゴを攻撃したのは、リタの方が記録室に不法侵入していたためだと思います。

 

レストレンジ家墓地で集会した理由

グリンデルバルドがレストレンジ家墓地を集会所に選んだ理由はおそらく2つで、1つはレストレンジ家にグリンデルバルド一派の人間=協力者がいたから。

 

もう1つの理由はクリーデンスに自然な流れでレストレンジ家の家系図を見せ、絶望させて自分の仲間に引き入れやすくするためだったのだと思います。

 

レストレンジ家は家系図に女性を載せないような古臭い考え方をする名家だったようですから、魔法使い至上主義のグリンデルバルドに賛同する人間がいてもおかしくない。

 

だからレストレンジ家墓地を集会所として提供していたのではないかなと思います。

 

そしてもう1つ…というか真の理由はクリーデンスに家系図を見せるためでしょう。

 

レストレンジ家の家系図を見ればクリーデンスがレストレンジ家の人間でないことはすぐに分かるのですが、家系記録室にあってはクリーデンスが見ることができません。

 

かと言ってクリーデンスに家系図を直に見せても不信感を抱かれるから、家系図を盗み出してリタと共にクリーデンスが家系図を見られるようにしていたのだと思います。

 

そして自分の出自の手がかりを再び失い絶望したところを、グリンデルバルドの演説を聞かせて闇落ちさせるように仕向けていたのではないかな。

 

つまりは家系図をレストレンジ家墓地に持って行ったのも、レストレンジ家墓地を集会所に選んだのも全てはクリーデンスを味方に引き入れるためだったのだと思います。

 

ラストのクイニーの行動理由

ラストでクイニーがグリンデルバルド一派になってしまったのは、ジェイコブと結婚するために魔法使いと人間が結婚できる世界に変えようとしているからだと思います。

 

今のままただ待っていても世界はその内変わるかもしれない、人間と魔法使いが結婚する世界に変わるかもしれないけど…クイニーは今すぐ結婚したかったのでしょう。

 

ジェイコブに魔法をかけてでも結婚したがっていたくらいですからね、何か結婚を焦る理由があったのだと思います。

 

だからグリンデルバルドの口車に乗って、自分の意思で敵側に回ることを決めたのでしょう。

 

本当はジェイコブにも仲間になって欲しかったけど、それは拒絶されてしまったために1人でグリンデルバルド側に行ったのではないかな。

 

ただだからと言ってジェイコブのことが嫌いになったわけではなく、結婚できる世界に変えてから迎えに行くつもりなのではないかなと思います。

 

クリーデンスはダンブルドアの弟?

ラストでクリーデンスがダンブルドアの弟だとグリンデルバルドは言っていたけど、個人的には嘘という可能性もあるのではないかなと思います。

 

ダンブルドアの象徴である不死鳥がクリーデンスのピンチを本当に救っているのであれば、ダンブルドアの弟という可能性は十分にありますが…。

 

ラストで不死鳥が成長するきっかけを作っていたのはグリンデルバルドだったから、彼の方が不死鳥を連れるダンブルドアの弟の可能性の方が高そうなんですよね。

 

そしてクリーデンスがダンブルドアを攻撃する理由を与えるために、自身の不死鳥を預けてダンブルドアの弟だと信じ込ませているのではないかな。

 

不戦の契りを交わすくらい親しい関係だったようですし、実はダンブルドアとグリンデルバルドは友人ではなく腹違いの兄弟とか双子

 

ただ思想の違いが生まれたために、代理人を建てる形でお互いを倒そうとするようになってしまったのではないかなと思います。

 

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の関連作品が無料

 

Amazonプライム会員なら関連作品を追加料金なしで試し読み&視聴できます。

  

  

まだ会員じゃない方でも30日間の無料体験を利用すれば無料の範囲内だけで楽しむことができるので、気になる作品があればぜひこの機会にチェックしてみてください!

 

 

 

まとめ

 

シリーズ2作目からの視聴ということで不安もありましたが、ハリポタシリーズの設定を引き継いでいるおかげで思っていた以上に楽しむことができました。

 

今シリーズのメインとなる魔法動物はカッコかわいいし、考察する余地も思った以上に多かったので、個人的には1にも興味が湧いてきましたね。

 

どちらかといえばファンタジー生物がお好きな方、ハリポタシリーズがお好きな方におすすめしたい作品です!