ちゃっぷのいつでも映画日和

考察大好き人間による映画の感想・考察記事を書いています(*´ω`*)

映画『犬鳴村』の感想・考察 ラストの意味&犬鳴村の呪いの正体

犬鳴村

 

実在の心霊スポットをモデルにした映画『犬鳴村』

 

あの映画『呪怨』の監督による映画ということでスゴく怖い映画を想像していましたが…お化け屋敷っぽい演出多めで、あまり怖さはありませんでしたね。

 

どちらかといえばキャラクターそれぞれに盛り込まれた豊富な設定、そこから広がるホラーストーリーがメインになる映画でした。

 

なので呪怨のようなホラー演出よりもビックリ系のホラー演出がお好きな方、豊富な設定から始まるホラーストーリーがお好きな方におすすめな映画です!

 

 

映画『犬鳴村』の作品情報

 

あらすじ

病院で働く臨床心理士の女性・森田奏。

 

病院にやってくる不思議な少年のカウンセリングに悩んでいたある日、兄・悠真から「恋人・明菜の様子がおかしい」と連絡が来ました。

 

奏が様子を見に実家に帰ると…有名な心霊スポット・犬鳴トンネルに行って以来おかしなわらべ歌を口ずさみ、黒い絵を一心不乱に描き続けているという明菜の姿が。

 

そして明菜の不可思議な言動や犬鳴トンネルについて悠真から話を聞いている間に彼女は外にフラフラと出て行き、そのまま鉄塔から身を投げて命を落としてしまいます。

 

突然恋人を失った悲しみが怒りに変わり、友人を集めて再び犬鳴トンネルへ向かうことを決意する悠真。

 

しかし友人と訪れた犬鳴トンネルは、明菜と訪れた時とは様子が違っていて…。

 

予告動画


犬鳴村 予告 60秒

 

動画リンク

犬鳴村

犬鳴村

  • 三吉彩花
Amazon

 

映画『犬鳴村』の感想

 

【面白ポイント】

  • お化け屋敷っぽい恐怖演出
  • 設定多めなホラーストーリー

 

お化け屋敷っぽい恐怖演出

映画『呪怨』の監督による映画ということで、ゾワゾワする恐怖演出をイメージしていましたが…どちらかといえばお化け屋敷っぽい恐怖演出が多めな映画でしたね。

 

何というか…何かがゆっくりと迫ってきている・初めからそこにいた何かに恐怖するような邦画ホラーらしい恐怖演出というよりかは…。

 

突然現れる幽霊に驚かされたり、それにキャラクターがパニックを起こしたりするような、怖いというよりもビックリするお化け屋敷的なホラー演出が多かったです。

 

一応、邦画ホラーっぽい不気味なホラー演出もあるにはあるのですが、パンチが弱いというか視覚的な怖さがないというか…とにかく私好みではありませんでした。

 

全体的に邦画というよりかは洋画寄り、心霊映画というよりかはゾンビ映画に近い演出が多かったので、私がイメージしていた恐怖演出とは違いましたね。

 

なのでどちらかといえば邦画ホラーよりも洋画ホラーがお好きな方、お化け屋敷っぽい恐怖演出がお好きな方におすすめの映画でした!

  

 

設定多めなホラーストーリー

今作はホラー演出よりも、キャラクターそれぞれに盛り込まれた設定から広がるホラーストーリーがメインの映画でしたね。

 

犬鳴トンネルに行って恋人を失った兄・悠真。

2人目の母親の存在を話す少年・遼太郎。

夫から「卑しい血筋」と言われている母親・綾乃。

犬鳴トンネルの呪いについて何か知っている様子の父親・晃。

 

主人公である奏だけではなく、その周りの人物にもかなり設定が盛り込まれているので、すごくボリュームのある映画になっていましたね。

 

ホラー映画といえば主人公・幽霊・場所に設定が多く盛り込まれていることが多いのですが、ここまで周りにも設定が盛り込まれているのは印象的でした。

 

ただ設定を詰め込み過ぎた故に中途半端になってしまっているというか、設定だけがゴチャついて情報がとっちらかっているように感じる面もあります。

 

なのでどちらかといえばスッキリとしたシンプルな映画よりも、キャラクターの設定・要素多めな映画がお好きな方におすすめな映画でした!

 

映画『犬鳴村』の考察

 

【考察ポイント】

  • 2人が犬化するラストの意味
  • 犬化する理由
  • ラストはタイムトラベル?
  • 犬鳴村を訪れた人が呪われる理由

 

2人が犬化するラストの意味

奏の働く病院にカウンセリングに来ていた少年・遼太郎と奏に犬化の兆候が見られていたのは、遼太郎も犬鳴村の生き残りの子孫ということだと思います。

 

奏の祖父が「犬鳴村を出た身寄りのない人たちがいた」と話していましたし、その中の1人が遼太郎の先祖というか、遼太郎の母親の親に当たるのではないかな。

 

つまり遼太郎の母親が言っていた「お友達によろしく」というのは、自分と同じ犬鳴村の血筋である奏に向けていた言葉だったのでしょう。

 

遼太郎に犬化の兆候が見られたことを思うと、もしかしたら彼らの祖先も奏の曽祖母のように、犬との関係を強要されるような惨い仕打ちを受けていたのかもしれませんね。

 

そこから何とか逃げ出したのか、生まれたばかりの子供だけは逃がそうとしたのかは定かではありませんが…。

 

あのラストには犬鳴村は人も村も消えてしまったけど、その血脈だけはしっかりと村の外で生き続けている・受け継がれているという意味が込められていたのだと思います。

 

犬化する理由

犬化するのは犬鳴村の人間・生き残りだからではなく、犬と関係を強要された犬鳴村の女性の恨み・呪いを受け継いだ子孫だからだと思います。

 

もし犬鳴村の人間が全員犬化するのであれば、犬鳴村の村民と思われる亡霊たちも犬化していないとおかしいですからね。

 

人型で現れたことを思うと、犬化したことと犬鳴村の人間であることは関係しないと個人的には思います。

 

森田家と遼太郎にだけ犬化の兆候が見られたのは、彼らの祖先が犬に関する恨みを抱きながら子を産み、その恨みが呪いとして血脈と共に受け継がれているからでしょう。

 

村が消される前のヒマつぶしのような感覚で人間としての尊厳を奪われ、犬のように扱われていたことを彼らの祖先は恨んでいたのだと思います。

 

奏には犬化の兆候が見られたのに悠真・康太たち兄弟にはその兆候が現れないのは、父親似か母親似かという違いによって現れ方が違うためでしょう。

 

もしくは森田家は女性に、遼太郎の血筋には男性に呪いが現れやすいというか、犬に関する恨みを持っている祖先の性別によって現れ方に違いがあったのかもしれませんね。

 

ラストはタイムトラベル?

ラストで奏が未来の祖母(赤ん坊)を抱いて祖父宅まで来るシーンがありましたが、あれはあくまでも過去の出来事を追体験しただけで、タイムトラベルではないと思います。

 

というか「タイムトラベルしてました!」だと個人的に納得いかないので、タイムトラベルを否定する形で考察してみました。

 

赤ん坊の祖母が祖父宅の前に置き去りにされていたことが事実なのだとすると、あれはおそらく曾祖父にあたる男性・健司の過去を追体験していたのだと思います。

 

曽祖父は犬鳴村の人間が消され始めた時、閉じこめられていた恋人・摩耶が産んだ自分たちの子供を抱き上げ、村の外に逃がすために祖父宅まで連れて行ったのでしょう。

 

そして祖父宅の前に子供を置いた後、女性も助けようと村に戻ろうとしたところをダム計画を進めていた人物によって命を奪われたのではないかな。

 

そして遺体は他の村民と同じように、ダム予定地である犬鳴村に放り込まれたのだと思います。

 

だから曾祖父だけは他の村民と違って、魂が犬鳴村に縛られていないのでしょう。

 

そう考えると曾祖父が祖父宅や奏の実家に現れていたこと、犬鳴村に訪れた人間を呪うことなく、1人だけ正気を保って生者のような姿をしていたことにも納得がいきます。

 

なので個人的にはラストのあれはタイムトラベルではなく、曾祖父の男性の過去を追体験していただけだと思いました。

 

犬鳴村を訪れた人が呪われる理由

悠真の友人や恋人など、直接的に犬鳴村と関係ない人物まで訪れただけで呪われていたのは、犬鳴村がダムになったことで恩恵を受けた人々だったからかなと思います。

 

犬鳴村のダム計画さえなければこんなことにはならなかったのに、犬鳴村の近くに住む人々が潤いのある豊かな生活を望んだからこうなったと思っているのではないかな。

 

だからダム計画に直接的に関係していなくても、近隣の人々からその子孫まで全員、犬鳴村の亡霊にとっては呪う対象になるのではないかなと思います。

 

もしくはダム計画が進められたのは自分たちが外部の人間を受け入れたからだと亡霊は考えていて、外部の人間は敵と認識して全て排除しようとしているのかもしれません。

 

ただ犬鳴村の亡霊たちはダムの底に魂が縛られているので、犬鳴村にさえ遊び半分に近付かなければ誰も呪われることはなく安全だったのだと思います。

 

特例の悠真・康太・明菜

犬鳴村の呪いの対象外になるのは、犬鳴村の血縁者のみ。

 

森田家の悠真・康太は、犬鳴村に囚われてはいたものの命は奪われていませんでしたから…村の血縁者には一定以上の恩赦・配慮があったのだと思います。

 

悠真の恋人・明菜が対象外になっているのは、村の血縁者である悠真の子供を身籠っていたためでしょう。

 

外部の人間とは言え、身籠っていることを考えれば嫁に当たる人物なわけですから、悠真の友人たちのようにすぐ命を奪われることはなかったのだと思います。

 

ただ犬鳴村の悲劇に見舞われた子孫以外の人物が、犬鳴村の血脈を身籠るのは難しかったのかもしれませんね。

 

森田家は犬鳴村の血縁者である女性が身籠っていたから問題なかったけど、外部の人間が犬鳴村の血縁者を身籠ると…呪いをモロに受けてしまって持たないのかも。

 

つまり犬鳴村の血縁者なら犬化するだけで済むけど、外部の人間が身籠ると犬鳴村での惨劇・悲しみ・憎しみを一身に受けて、精神が持たないのではないかなと思います。

 

さらに明菜は犬鳴村を訪れたことで外部の人間に対する呪いも多少受けていたでしょうから…それによって気が触れて、自ら命を断ってしまったのではないかな。

 

映画『犬鳴村』の関連作品が無料

 

Amazonプライム会員なら関連作品を追加料金なしで試し読み&視聴できます。

 

 

まだ会員じゃない方でも30日間の無料体験を利用すれば無料の範囲内だけで楽しむことができるので、気になる作品があればぜひこの機会にチェックしてみてください!

 

 

 

ちなみにアマプラ以外にも無料で利用できるおすすめの動画配信サービスがあります!

  

www.chappu222.com

 

マンガ好きな方にはこちらの記事もおすすめ!

 

www.chappu222.com

 

まとめ

 

正直、個人的にはあまり好きではない映画でした!

 

ホラー演出はお化け屋敷系で怖くはないし、設定とキャラが多くてストーリーはゴチャつくしで、私好みのホラー映画ではなかったと思います。

 

考察も一応色々したけど、考察の面白さもそこまでって感じだったかな…。

 

なのでどちらかといえばお化け屋敷のようなビックリ系ホラー演出がお好きな方、複数要素・設定が盛り込まれている映画がお好きな方におすすめな映画でした!

 

www.chappu222.com