ちゃっぷのいつでも映画日和

考察大好き人間による映画の感想・考察記事を書いています(*´ω`*)

デートにもおすすめ!映画で泣いても崩れにくいメイクのポイント&イチオシコスメ6選

f:id:chappu222:20210217185008p:plain

 

泣ける映画を観たいけど気になるのが…『メイク崩れ』

 

特に今の時期はマスクも必須なので、今まで以上に映画を観ている時のメイク崩れが気になるという方が多いのではないでしょうか。

 

今回はそんな方向けに映画を観て泣いても崩れにくいメイクのポイントと、崩れにくいおすすめのコスメをご紹介していきます。

 

「泣ける映画を観たいけどメイク崩れが気になる」「映画デートだからメイクを崩したくない」とお悩みの方は、ぜひチェックしてみてください!

 

 

ベースメイクはとにかく薄く!

 

【ベースメイクのポイント】

  • ファンデーション1本でカバー
  • フェイスパウダーは色なし

 

ファンデーション1本でカバー

f:id:chappu222:20210306155638p:plain

まずベースメイクをできる限り薄くするために、ファンデーション1本で肌の色むらや気になる部分をある程度カバーしていくのがポイント!

 

崩れにくい化粧下地を使っていても、日焼け止め・化粧下地・ファンデーションと重ねることでメイクはどんどん崩れやすくなっていくので…。

 

化粧下地がいらないファンデーションを使用して、スポンジやブラシを使いながらベースメイクをとにかく薄く、必要な分だけ塗っていくことをおすすめいたします。

 

 

おすすめのファンデーションは純白専科の『すっぴん色づく美容液フォンデュ』

 

以前まではナチュラルなBBクリームを使用していましたが、もう少しカバー力のある物が欲しいということで、このファンデーションを使用するようになりました。

 

しっかりとした保湿力と程よいカバー力があるのに肌なじみが良く、マスクをしていても汚く崩れることがないので、メイク直しのできないデートでも安心して使えます。


フェイスパウダーは色なし

f:id:chappu222:20210217184945p:plain

 

フェイスパウダーは色のついていないタイプにして、メイク崩れだけではなくマスク移りも防止するのがポイント!

 

色付きのフェイスパウダーだとファンデーションは大丈夫でもパウダーがマスクに移ってしまい、マスクを外した時に顔よりもマスクの汚れが気になりやすいので…。

 

色なしのフェイスパウダーをマスクが当たりやすい位置を中心に叩いておいて、メイク崩れを防止しつつマスクへの色移りも気にならないようにしておくのがおすすめです。

 

 

おすすめのフェイスパウダーはクラブの『すっぴんパウダー』

 

ほんのりとしたトーンアップ効果はあるものの基本的にはクリアタイプなので肌色を問うことなく、大容量のパウダーを季節問わず1年中使えるようなフェイスパウダーです。

 

肌を包んでふわふわにしつつ、すっぴんでいるよりお肌に優しい保湿成分をたっぷり配合していることで、肌荒れしやすいマスク中にも安心して使うことができます。

 

アイメイクはマット&ナチュラル

 

【アイメイクのポイント】

  • アイシャドウはマットで
  • アイライナーはブラウン
  • マスカラは繊維なし

 

アイシャドウはマットで

f:id:chappu222:20210217184951p:plain

 

アイシャドウは泣いたときに最も崩れやすいポイントなので、崩れても被害が最小限で済むマット系をチョイスするのがポイント!

 

ラメ系のアイシャドウだと泣いたときに涙と一緒にラメが流れてしまい、頬までラメ落ちして悪目立ちするのはもちろんのこと、メイク直しも困難になりやすいので…。

 

ラメ落ちする心配がそもそもないマット系のアイシャドウを使うのがおすすめです。

 

  

おすすめのアイシャドウはキャンメイクの『パーフェクトマルチアイズ』

 

特に私は03のテラコッタカラーを愛用していて、ナチュラルメイクの時はブラウンのみ・気分の良い日は赤みONと使い分けながらメイクを楽しんでいます。

 

デートメイクというとブラウンのイメージが強いですが、このくらいの赤みならかわいいと言ってもらえることが多いので、ぜひパートナーにお披露目してみてください。

 

アイライナーはブラウン

f:id:chappu222:20210217184957p:plain

 

アイライナーも泣いた時のメイク崩れが目立ちにくいブラウン系にするのがポイント!

 

アイラインはどうしても目のキワに引くため涙で落ちやすいですし、落ちにくいアイライナーを使うと今度は万一メイク崩れした時にメイク直しがしにくいので…。

 

できるだけ崩れにくいアイライナーを選びつつも、ブラウンカラーでアイシャドウと馴染ませやすくすることでメイク崩れを目立ちにくくさせるのがおすすめです。

 

 

おすすめのアイライナーはデジャヴュの『ラスティンファインa クリームペンシル』

 

柔らかい芯がまつげの隙間・目尻のラインまで引きやすく、さらにポイントメイクアップリムーバーを使わなくても簡単に落とせるので気に入っています。

 

特にダークブラウンカラーは程よく目元を引き締めつつ、メイク崩れした際にもメイク直しが簡単なのでサッとメイク直しをしたいデートメイクにピッタリです。

 

マスカラは繊維なし

f:id:chappu222:20210217185002p:plain

 

マスカラは泣いた時の目元への刺激を考慮して、繊維なしタイプを選ぶのがポイント!

 

落ちにくい・カールキープ力のあるマスカラを選ぶのももちろん大切なのですが、メイクをした状態で泣くとコスメが目に入って痛くなってしまう可能性があるので…。

 

できるだけキープ良くのマスカラを選びつつ、映画を観ている時の邪魔にもならないような繊維なしのマスカラを選ぶのがおすすめです。

 

 

おすすめのマスカラはオペラの『マイラッシュアドバンスト』

 

液の乾きが早さ、細いブラシによる塗りやすさや手軽さが魅力的なマスカラで、さらにお湯落ちというメイク落とし時の手軽さまであるマスカラになっています。

 

繊維に頼らないナチュラルな長さと太さを出しつつ、ブラックでくっきりとしたまつ毛に仕上げてくれるので自然な存在感を目元に出したいデートメイクにピッタリです。

 

リップはティントタイプを

f:id:chappu222:20210217185012p:plain

 

リップはティントタイプにして、マスクや飲食をしていても崩れにくいメイクに仕上げるのがポイント。

 

映画を観終わった後の飲食・マスクでどうしてもリップは落ちやすくなってしまうので、映画を観終わった後のデートでもかわいい状態をキープできるように…。

 

色残りのするティントタイプのリップを使って、最低限の血色感は残るようにしておくのがおすすめです。

 

 

おすすめのリップはキャンメイクの『ステイオンバームルージュ』

 

こちらのティントシリーズは程よい発色・保湿力・色持ちがあるので、リップクリーム感覚でメイク中だけではなく外出先でも手軽に塗り直しやすいリップになっています。

 

特におすすめなのがT04 チョコレートリリーで、ブラウンとレッドの中間のようなカラーが口元を華やかにしつつ主張しすぎることはないのでデートメイクにピッタリです。

 

まとめ

 

映画で泣いても崩れにくいメイクのポイント・コスメについてご紹介しました。

 

私が実際に映画を観る時だけではなく普段からしているメイクのポイント、気に入っているコスメだけをご紹介しているので少しでも参考になれば幸いです。

 

ぜひメイク崩れを気にすることなく、自由に泣きながら映画を楽しんでみてください!