ちゃっぷのいつでも映画日和

考察大好き人間による映画の感想・考察記事を書いています(*´ω`*)

映画『オブリビオン』の感想・考察 ラストの意味&テットの正体

オブリビオン(吹替版)

 

荒廃した地球でエイリアンと戦う男を描いた映画『オブリビオン』

 

少年心をくすぐる世界観、どんどん続きが気になるようなテンポ感の良いストーリー展開がめちゃくちゃ面白くて、何度観ても楽しめるような映画でした。

 

なのでどちらかといえば荒廃した未来という世界観がお好きな方、カッコいいだけじゃなくて切なさや面白さもちゃんとあるSF映画がお好きな方におすすめ!

 

 

映画『オブリビオン』の作品情報

 

あらすじ

侵略してきたエイリアン・スカヴとの戦いによって荒廃した地球。

 

人類は地球を捨て宇宙管制センター・テットでの仮住まいを始め、海水を採水プラントで吸い上げ核エネルギー化させ、惑星・タイタンへ移住する計画を立てていました。

 

人類存続の要となる採水プラントを守るのは監視用ドローン整備担当のジャック・ハーパー、通信担当としてサポートするヴィクトリアの2人。

 

最高のパートナーと評価されている2人ですが、地球を離れたがるヴィクトリアと故郷である地球を愛するジャックとの間では度々意見の相違が生まれていました。

 

そんなある日、採水プラントを破壊したスカヴは地球外に向けて未確認信号を発信していて…。

 

予告動画


www.youtube.com

 

動画リンク

オブリビオン(吹替版)

オブリビオン(吹替版)

  • トム・クルーズ
Amazon

 

映画『オブリビオン』の感想

 

【面白ポイント】

  • 少年心をくすぐる世界観
  • 引き込まれるストーリー展開
  • 切なさもあるSF映画

 

少年心をくすぐる世界観

荒廃した世界でのSF、隠された自分だけの大自然というロマンたっぷりな世界観には少年心がくすぐられましたね。

 

個人的に荒廃した世界×SFという組み合わせが大好きなので…今作の世界観は少年心にグッとくるものがありました。

  

何というか過去・未来・現在が入り乱れて、世界の終わりと未来を同時に感じられるようなギャップまみれの世界観がたまらんですよね。

 

ストーリーは少しややこしい部分もありますが、映像はシンプルなカッコよさで大人から子供まで楽しめるような映画になっていました。

 

印象としては映画『ウォーターワールド』に近かったです。

 

荒廃した世界で過去の遺物を集める主人公の行動や、荒廃した世界で感じる現代的な要素といった世界観や雰囲気がよく似ていました。

 

なのでどちらかといえばウォーターワールドがお好きな方、荒廃した未来という世界観や少年心をくすぐるようなカッコ良い映画がお好きな方におすすめな映画です!

 

www.chappu222.com

 

引き込まれるストーリー展開

今作はとにかくストーリーのテンポ感が良くて、どんどん引き込まれていくようなストーリー展開をしていました。

 

幸せだと思っていたら悲しい出来事が起こって、意味不明な謎が幸せな記憶に繋がっていてといったテンポ感の良いストーリー展開がめちゃくちゃ良かったです。

 

そしてストーリー展開の合間に敵・味方の概念、自分の存在すらも揺らぐようなジャックの心理描写もちゃんと描かれていてボリューム感もあるし…。

 

それでいて長ったらしく感じることもなく、ちゃんと謎の解明・説明もあることでモヤモヤすることもなかったのですごく良かったです!

 

私は今回2回目の視聴だったのですが、ストーリーが良くできているためか2回目の視聴でも十分に楽しむことができました

 

1回目は謎の解明をキャラと一緒に驚きつつ、2回目は全ての謎を理解した上でストーリーをさらに理解していくような楽しみ方ができて面白かったです。

 

なのでどちらかといえば何度観ても楽しめる映画がお好きな方、テンポ感の良いSF映画がお好きな方におすすめな映画でした!

 

切なさもあるSF映画

今作には分かりやすい悲しさやSF映画らしいカッコよさだけではなく、クローンやロボットならではの何とも言えない切なさがあって良かったです。

 

自分の予備がたくさんいて、例え自分がいなくなってもすぐに新しい自分が補充されてしまう軽い命。

 

何というかオリジナルと同一人物なんだけど別人で、別人なはずの自分がたくさんいて…自分って何だろうというクローンならではの疑問と切なさを感じました。

 

ジュリアとジャックのように大切な人がクローンでも帰ってきてくれたら嬉しいとは思うけど、クローンはあくまでも別人じゃないですか。

 

オリジナルのクローンではあるけど、他のクローンと記憶は共有はされていないから…それまでの人生・思い出がリセットされているわけなんですよ。

 

ジュリアとジャックにとっては…その思い出の部分に娘の誕生があることを思うと、さらに切ないですよね。

 

そんなことを考えさせられる、何とも言えない切なさと後味の悪さが残るラストでした。

 

個人的にはこういった後味の悪いラストは好きなので問題ないのですが、人によってはなんだコレ!?って思うラストかもしれませんね。

 

なのでどちらかといえば切なさや後味の悪いエンディングがお好きな方、SFならでは切なさがある映画がお好きな方におすすめな映画です!

 

映画『オブリビオン』の考察

 

【考察ポイント】

  • ラストのクローン52号の意味
  • テット&サリーの正体
  • ヴィクトリアの涙の意味
  • ジャックがテットに着陸できた理由

 

ラストのクローン52号の意味

52号がいたことにジュリアやスカヴの皆は喜んでいたけれど、52号と娘にとっては違和感のある出会いという意味がラストには込められていたのではないかなと思います。

 

49号との娘を産もうとも、ジュリアが愛しているのはコールドスリープ前に一緒にいた本物のジャックであって、49号のジャック個人ではなかったのでしょう。

 

もっと言えばジュリアにとって娘の父親は49号ではなくジャック…なのでジャックでさえあれば、49号でも52号でも同一人物だと認識していたのだと思います。

 

そして52号のジャックもオリジナルジャックの記憶を持っているからこそ、記憶の奥底にいた妻と再会できたことに喜んでいました。

 

でも娘だけは「あれ誰?」ときょとんとした表情で言っていましたし、52号もジュリアばかりを見つめていて娘の方を見ていません。

 

生まれる前に亡くなっていた49号のことはもちろんのこと、オリジナルのジャックのことすらも知らない娘にとっては52号のジャックは知らない人間なんですよね。

 

そしてそれは52号にとっても同じことで「この子はあなたの娘」と言われたところで、記憶にないし…49号との娘=自分の娘という認識にはなっていないように思います。

 

他人との子供だったらまだ受け入れようもあったのかもしれませんが、自分と同じクローンの子供ではありますからね。

 

ジュリアは娘はジャックとの子供、ジャックは自分はジャック本人、娘は父親は亡くなっていると思っているからこそ…お互いに違和感を感じるようになるのではないかな。

  

なので遺伝子的には親子であっても、49号と52号のジャックは別人だからこそ娘と父にとっては微妙な出会いだったのではないかなと思います。

 

テット&サリーの正体

テットは元々はエイリアンの作り出したただのロボットだったのですが、地球を支配し人間と長く関わる内に感情を持ち、自分は神だと思い込んでいたのだと思います。

 

元々は惑星外のエネルギーを求めたエイリアンが地球に送り込んだロボットで、邪魔な存在を排除すること・海水を奪い去ることだけが目的だったのでしょう。

 

だから効率良く邪魔な存在を排除するためにジャック・ヴィクトリアをサンプルとして捕獲し調査した上で、彼らのクローンを増やして人類掃討を初めたのだと思います。

 

そして邪魔者の排除がある程度進んだら採水プラントを設置し、余ったクローンを警備員として配置したのでしょう。

 

ただテットがドローン・クローン・採水プラントの全てを逐一操作するのには限界がありますし、物理的な距離があることで反応が遅れてしまうので…。

 

ジャックとヴィクトリアに人格や思考を持たせた状態にして、即座に邪魔者に対応できるようにしていたのだと思います。

 

わざわざ人間であるサリーの振りをしていたのは、テットには人間がいると思いこんでいるジャックに疑問を抱かせないようにするため

 

ジャックたちの乗っていた船の通信記録にサリーの声と顔が残っていたので、真似する素材として使いやすかったからというのもあるかもしれませんがね。

 

そして人間のふりをしてジャックやヴィクトリアのクローンをつくり働かせ、地球を支配する内にテットはだんだん自分は神だと思いこむようになっていたのだと思います。

  

ヴィクトリアの涙の意味

ジャックとジュリアが出会ってからヴィクトリアが度々不安そうな顔をしたり涙を流したりしていたのは、彼女は過去の記憶を消されてはいなかったからだと思います。

 

ジャックみたいに思い出したとかではなく、元々テットに記憶を消されていなかったからこそ最初からずっと過去の記憶やジュリアを拒絶していたのでしょう。

 

テットは彼らのクローンを増やし、採水プラントの警備を任せるにあたり最初から記憶を消したのではなく、事情を説明して協力を要請したのではないかな。

 

人類を殲滅するのであれば人間に協力を仰いだほうがスムーズですし、やり取りもまどろっこしいことせずに円滑に進められるようになりますからね。

 

ただジャックは反抗したので記憶を消去…ヴィクトリアは邪魔者のいない環境でずっとジャックのパートナーでいることを条件に了承したのだと思います。

 

宇宙船でわざわざツーショット写真を撮っていたことを思うと、ヴィクトリアはジャックのことが好きだったから…テットに協力する道を選んだのでしょう。

 

テットがヴィクトリアにだけ何度も「チームワークに問題は?」と尋ねていたことを思うと、彼女はジャックの管理も任されていたのかもしれませんね。

 

ジャックは命令無視したりGPSを切って勝手な行動を取ったりすることもあったから、ヴィクトリアは制御・監視を任されていたのでしょう。

 

そこまでお膳立てして2人だけの幸せな生活を作り上げたのに、ジャックはジュリアのことを忘れることなく地球への未練も捨てない…

 

ジュリアを見つけたジャックは命がけで彼女を守り、自分たちの生活空間に連れてきて…ついに思い出の場所で見つめ合っている2人を見つけてしまいました。

 

記憶を消そうともどんなに2人だけの世界をつくろうとも、ジャックはジュリアを選ぶという事実が悲してくてヴィクトリアは涙していたのではないかなと思います。

 

ジャックがテットに着陸できた理由

ジャックがテットにやってきた時、テットが着陸を許可したのは「人類の存続のため」という彼の言葉自体には嘘がなかったためだと思います。

 

同乗者をつれて呼吸と心拍数を上昇させ、嘘までついて敵に近づいてくるジャックをテットも最初は怪しんでいましたが…。

 

その後のジャックの「ジュリアを失いたくない。人類を存続させるのが望み」という言葉には嘘がありませんでした。

 

その偽りなき言葉を、テットは「ジュリアのクローンを増やしたい」とジャックは考えていると解釈したために受け入れたのではないかな。

 

テットにとっては優秀なクローン人材が増え、ジュリアを与えることでジャックの命令違反もなくなるし…ジャックが自らきてくれることは願ってもないことのはずです。

 

それを分かっているからこそジャックも嘘ではない本心を語りつつ、テットに誤った受け取り方をさせるためにはぐらかした言い方をしたのでしょう。

 

実際はジャックは「ジュリアや人類のためにテットは消すべき」という思いでやってきたわけですが、言葉自体に嘘はありませんからね。

 

本心を言いつつも言葉の解釈がテットとジャックで異なっていたために、テットは騙されてジャックの着陸を許可してしまったのだと思います。

 

映画『オブリビオン』の関連作品が無料

 

Amazonプライム会員なら関連作品を追加料金なしで試し読み&視聴できます。 

 

 

まだ会員じゃない方でも30日間の無料体験を利用すれば無料の範囲内だけで楽しむことができるので、気になる作品があればぜひこの機会にチェックしてみてください!

 

 

まとめ

 

少年心をくすぐるカッコ良さと、大人向けな切ないストーリー・後味の悪いラストが個人的にめちゃくちゃ刺さる映画で面白かったです!

 

1回目はそう来たか!という驚きを楽しみつつ、2回目は謎を理解しながら自分なりの考察までバッチリ楽しめる映画でしたね。

 

なのでどちらかといえば考察好きな方、カッコ良いSF×切ないストーリーの組み合わせがお好きな方におすすめな映画です!

 

www.chappu222.com