ちゃっぷのいつでも映画日和

考察大好き人間による映画の感想・考察記事を書いています(*´ω`*)

映画『検察側の罪人』の感想・考察 最後の犯人と結末の意味

検察側の罪人

 

正義を追い求める2人の検察官を描いた映画『検察側の罪人』

 

かなりハイテンポにストーリーが進む映画なので、サスペンス映画特有のスローテンポが苦手という方には向いている映画なのかなとは思います。

 

ただ個人的にはキャラクターの狂い方が好きな方向性ではなく、違和感を感じるポイントもちょこちょこあったためか…イマイチ好きにはなれない作品でしたね。

 

ストーリーの設定自体は面白いと思うので、どちらかといえば私とは違った方向性のサスペンス映画がお好きな方、独創的な世界観がお好きな方におすすめな映画です。

 

 

映画『検察側の罪人』の作品情報

 

あらすじ

刑事部に配属されたばかりの駆け出し検事・沖野。

 

学生時代から尊敬している東京地検のエリート検事・最上と共に、都内で発生した容疑者不明の事件を担当することになります。

 

初仕事ということもあり口を割らない証人に苦戦することもありましたが、憧れの検事に負けないようにと、胸を躍らせながら仕事に励む沖野でしたが…。

 

最上の方はというと…闇献金疑惑をかけられて逮捕間近の旧友・丹野に忠告したり、不仲な家族がいる自宅で休まらない時を過ごしていました。

 

さらに沖野と共に担当している事件の容疑者の中に、学生の時に親しかった女子高生・ユキが命を奪われた事件でも容疑者だった男・松倉の名前が挙がり…。

 

予告動画


映画『検察側の罪人』予告

 

動画リンク

検察側の罪人

 

映画『検察側の罪人』の感想

 

【面白ポイント】

  • ハイテンポにストーリーが進む
  • なかなかの狂いっぷり
  • 映像のインパクトが強い

 

ハイテンポにストーリーが進む

ストーリーはぽんぽん展開していくし、キャラクターが基本的に早口でまくし立ててくるので、映画としてはかなりハイテンポでしたね。

 

基本的にはキャラクターたちのセリフをメインにストーリー・説明を進めていくので文字数は多いのですが、なんか1.25~1.5倍速かな?というくらい早口

 

ぶわっと情報を一気に詰め込んできて、詰め込んだと思ったらすぐに次の展開に移っていくので、スローテンポな映画が苦手な方には向いていると思います。

 

普段から1.5倍速で映画を観ている方だと、このくらいがちょうど良いくらいに感じるのではないかなというくらいハイテンポです。

 

反面、やはり早口でまくしたてられるので言葉が右から左にそのまま流れていくような、事件の概要やストーリーがイマイチ頭に入ってこない感覚がありました。

 

「ん?ん?何事?」と思っている時にはもう次のストーリーが展開していて、1つ前の展開に追いつけないまま、気付いたらエンディングを迎えていた…みたいな。

 

なのでじっくり考察・ストーリーを噛みしめながら理解していくタイプの映画がお好きな方よりも、ハイテンポな映画がお好きな方におすすめな映画ですね。

 

なかなかの狂いっぷり

検察側の人間が己の正義を振りかざして戦っているのですが、容疑者と同じくらい全員狂っているというなかなかの狂いっぷりでしたね。

 

ただ…個人的には好きな狂い方ではありませんでした。

 

なんというか容疑者はサイコホラー系の狂い方ではなくただ気分が悪くなるというか、良く言えばリアルなのですが…悪く言うと不快な存在でしかなかったです。

 

映画としてはリアリティーがあって良かったのかもしれませんが、私が女性ということもあってか、正直観ていて気分の良いものではありませんでした。

 

そして検察側の人間の狂い方は迫力とかゾクゾクするものがなく…個人的には情緒不安定な感じに見えましたね。

 

例えば人間の狂気にゾクゾクする映画『シャイニング』が怖い・スゴイ系の狂い方だとすると、今作は「え?どうしたの?」って感じの狂い方という印象です。

 

人間の狂気を感じるサイコホラーというよりも、空気感や人に流されて狂ったふりをしようとしているような情緒不安定な感じに見えてしまうんですよね。

 

ただ逆に考えれば『シャイニング』系の狂い方が苦手だった・好きじゃなかったという方は、今作の狂い方は好きなのではないかなと思います。

 

なのでサイコホラーは好きだけど『シャイニング』系のスゴイ・怖い系のサイコホラー映画はお好きではない方、情緒不安定な狂い方がお好きな方におすすめな映画ですね。

映像のインパクトが強い

今作は独特な世界観を作り出す映像のインパクトがすごかったですね…。

 

下町の飲み屋と豪華なレストラン、古びた街並みと豪華な街並み、光の入る明るい広々とした部屋と薄暗さを感じる狭い部屋、広い空間の端に寄せ集められた事務用品など。

 

何というか相反するものが同じ空間にあるみたいな映像が、沖野と最上を表しているようで印象的でした。

 

オープニング映像も反射した街並みみたいな独特な映像でしたしね、映像にこだわりがある作品だったのかもしれませんね。

 

ただ…正直、独特過ぎてついていけないと感じるシーンもありました。

 

個人的に1番違和感を感じたのは、沖野と事務官・橘のベッドシーン。

 

初めて観た時には「え?ギャグ?」と思ったくらい、シリアスな空気感をぶち壊す独特な映像で…もう話が全く頭に入ってこなかったですね。

 

独特な映像は良いと思うのですが、このベッドシーンに関してはさすがに無理があるというか…ちょっと世界観についていけませんでした。

 

ただそれ以外のシーンの映像は個人的には好きだったので、インパクトのある独特な映像がお好きな方にはおすすめな映画ですよ。

 

映画『検察側の罪人』の考察

 

【考察ポイント】

  • 運び屋の女性の声
  • ラストで沖野が叫んだ理由
  • 最上にとっての結末
  • 最後に松倉の命を奪った犯人

 

運び屋の女性の声

諏訪部の相棒らしき運び屋の女性の声がボイスチェンジャーのような独特な声になっていたのは、もしかしたら声を失った過去があるからではないかなと思います。

 

首に塞がった傷跡のようなものがありましたし、おそらく現在は喉に発声装置のような埋め込んでいるのでしょう。

 

病気かケガなのかは不明ですが、声を失った彼女は何とか声を取り戻したいと諏訪部を頼り、日本では認められていないような違法手術で声を取り戻したのではないかな。

 

そして彼女は声を取り戻してくれた諏訪部に感謝しているからこそ、諏訪部の相棒として危険な仕事も請け負っているのではないかなと思いました。

 

ラストで沖野が叫んだ理由

ラストで沖野が最上の別荘を出た後叫んでいたのは、ずっと最上の正義を信じて検事として戦ってきたのに、それを失ったことに対するやり切れなさと葛藤からかな。

 

沖野にとって最上は検事の心得を教えてくれた憧れの人で、彼の意思を受け継ぐんだと思いながら検事としては戦ってきたのに、それが崩れ去ってしまったわけですよね。

 

自分であんなにも正義を語っていたのに、自分自身が語っていた通りの犯罪者に落ちていってしまって…それでもなお最上は自分の正義を語り続けます

 

その矛盾に悲しみながら、あの人を信じていた自分は何なのかというやり切れなさ、これからの正義についての葛藤みたいなものが叫びとして現れたのではないかな。

 

最上にとっての結末

最上がハーモニカ片手に別荘を去る沖野を見下ろすシーンには、最上が祖父の反戦精神を引き継ぐという意味が込められていたのではないかなと思います。

 

別荘の2階に、祖父はこれのおかげで生き延びたと話していた『御宿タナン』の看板がありましたし…。

 

あの別荘は最上にとっての御宿タナンで、戦い終わった者が生き永らえるために傷を癒しながら、また違った戦いに向かう場所みたいな意味合いがあったのではないかな。

 

祖父が御宿タナンのおかげで生き延び、戦後、反戦の意思を込めた書籍をあの別荘で書いて出版したように、最上もあの別荘で次の戦いに備えていたのだと思います。

 

さらに祖父のハーモニカを手にすることで、祖父の意思も引き継いでいくことを決意していたのではないでしょうか。

 

自分の正義に従って書籍を出版した祖父のように、最上も自分の正義に従って丹野の残した証拠を使って戦おうと決めたのではないかなと思います。

 

こうやって考えると沖野は最上の正義を尊敬して受け継ごうとしていて、最上は祖父の正義を尊敬して受け継ごうとしているのかもしれませんね。

 

まぁ…沖野はその受け継ぎから離脱したわけですが…。

 

最後に松倉の命を奪った犯人

ブレーキとアクセルを踏み間違えた老人と運び屋の女性は共犯者で、最上の協力者・諏訪部の指示で松倉の命を奪ったのではないかなと思います。

 

運び屋の女性は松倉を轢いた後の着地点を用意しつつ、轢いた後にすぐさま生きているかどうか確認するためにあの場で待機。

 

老人はアクセルとブレーキを踏み間違えたフリをして情状酌量を狙いつつ、松倉を亡き者にするために諏訪部が雇った協力者でしょう。

 

最上の指示に従っていた諏訪部が最後になって最上の言葉を無視して松倉を亡き者にしたのは、最上の思い描くストーリーの結末を見るためかな。

 

最上は松倉に復讐するチャンスを失い、放心状態…小説家に例えるのであれば、連載途中の作品を投げだしてずっと休載しているような状態ですよね。

 

そんな最上のファンである諏訪部は休載のまま打ち切りになるよりかは、出来合いの作品でも良いから結末を見たいと手を下したのではないかなと思います。

 

最上の友人が依頼人説

もしくは最上とは別ルート、例えば最上の友人・前川あたりから松倉を亡き者にしてほしいという依頼が入っていたのかもしれませんね。

 

前川も最上ほどではありませんがユキの事件を覚えて気にしているような素振りがあったので、もしかしたらユキに好意を抱いていて松倉のことを恨んでいたのかも。

 

だから松倉が無罪になることを許せず諏訪部に依頼したのではないでしょうか。

 

そんな依頼があったからこそ、最上の協力者である諏訪部は「このままだと先越されるぞ!あんたが先にやれ」と遠回しにせっついていたのかもしれませんね。

 

しかし最上に行動を起こす兆しが感じられなかったため、致し方なく前川の依頼を優先して松倉を亡き者にしたのではないかなと思います。

 

映画『検察側の罪人』の関連作品が無料

 

Amazonプライム会員なら関連作品を追加料金なしで試し読み&視聴できます。

 

 

まだ会員じゃない方でも30日間の無料体験を利用すれば無料の範囲内だけで楽しむことができるので、気になる作品があればぜひこの機会にチェックしてみてください!

 

 

まとめ

 

ストーリー設定は面白いのですが個人的に好みではない部分が多く、イマイチ理解しきれていないまま終わってしまった映画でした。

 

うーん…悪くはないと思うのですが、残念ながら私には合わなかったようです。

 

どちらかといえば独特な世界観やハイテンポなストーリー展開がお好きな方、映画『シャイニング』とは違った方向性の狂気がお好きな方におすすめな映画でした!