ちゃっぷのいつでも映画日和

考察大好き人間による映画の感想・考察記事を書いています(*´ω`*)

映画『ウォーター ワールド』の感想・考察 エノーラの刺青&ラストのマリナー

ウォーター ワールド (吹替版)

 

海だけが広がる世界での冒険と戦いを描いた映画『ウォーター ワールド』

 

荒廃した世界でのハイテク船、敵との水上アクションがめちゃくちゃカッコ良いアクション映画で、冒頭からテンションが上がりまくる映画でした!

 

どちらかといえば荒廃した世界でのハイテクグッズに心ときめく方、水上という環境を活かしたアクションがお好きな方におすすめな映画です!

 

 

映画『ウォーター ワールド』の作品情報

 

あらすじ

海だけが広がる未来の地球で生きる男・マリナー。

 

自分1人の船で旅をしながら時にはサンゴ礁の島・アトールへと赴き、海で手に入れた物を売って生活をしていました。

 

しかしあるアトールを訪れた際、マリナーがエラを持つ人間・ミュータントであることを知られてしまい、檻に閉じこめられてしまいます。

 

さらにタイミング悪く、謎の地図が背中に刻まれている少女・エノーラを狙う海賊・スモーカーズがアトールを襲撃。

 

檻に閉じこめられて戦うこともできずにいると、エノーラの保護者・ヘレンが自分たちを連れて逃げることを条件にマリナーを檻から解放します。

 

なんとかスモーカーズの魔の手から逃れ、マリナーの船で海へと逃げることに成功した3人でしたが…。

 

動画リンク

 

映画『ウォーター ワールド』の感想

 

【面白ポイント】

  • 荒廃した世界観でのハイテク船!
  • 水上アクションがカッコいい!
  • 良いラストだった!

 

荒廃した世界観でのハイテク船!

文明が廃れた世界で、過去の遺物を寄せ集めてカラクリに近いハイテクな船を作り上げているのが、もうめちゃくちゃカッコ良くてテンション上がりました!

 

最初だけ手動でセットすればあとは半自動的に動いてくれる装置とか、もう胸が高鳴るというか…ロマンですよね!

 

廃れた文明の遺物を寄せ集めている、代用して使用しているというのがまた良くて、現代×荒廃の組み合わせが…もうたまらないです!

 

そしてハイテクの限界というか、やや手動を要するもどかしい感じも良い!

 

もう映画の冒頭であの船が出てきた瞬間から、テンション上がりっぱなしでしたね!

 

印象としては映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー 』に出てくるドクの発明品に少し似ていました。

 

なのでドクの発明品がお好きな方、現代×荒廃の組み合わせがお好きな方、半自動的なハイテクに心惹かれる方には、ぜひともチェックしてみていただきたいです!

  

 

水上アクションがカッコいい!

今作は海の上での冒険・戦いを描いた映画というだけあって、水上でのアクションがめちゃくちゃカッコ良かったです!

 

水上オートバイで海の上を走り回ったり潜水したり、ウェイクボードとジャンプ台で高い塀を乗り越えたりと、海であることを利用したカッコいいアクションでした!

 

荒廃した世界で古びた乗り物を乗り回していることで、普通の海賊映画やアクション映画とは違う魅力が感じられて、めちゃくちゃカッコ良かったですね。

 

カーアクションのような勢いや迫力がありつつ、サーカスのようなドキドキ感がある感じというか…とにかくカッコいいとしか言いようがありません!

 

人間同士のアクション・映像的な凄さなどもあるのでしょうが、個人的には水上での乗り物を駆使したアクションを推したいです!

 

映画後半で人間同士のアクションがメインになってしまうのが残念に感じてしまうくらい、映画前半の水上アクションは良かったですね。

 

なのでカーアクションのような乗り物を駆使したアクションがお好きな方、海でのアクション映画がお好きな方にはぜひともチェックしてみていただきたいです!

 

良いラストだった!

ドライランドを見つけたのだけれど、マリナーはドライランドを去って海に帰って行ってしまうというラストも個人的にはとても良かったと思います。

 

ドライランドで一緒に住めない、別れということで完璧なハッピーエンドではないのかもしれませんが、かといってバッドエンドでもないというのがとても良かったです!

 

別れと言っても一時的なもので、マリナーが時々ドライランドに遊びに行けばいいだけの話ですからね。

 

住む世界は違うけれども永遠の別れではないという空気感、そしてそれぞれの生活を尊重したからこその別れというのが個人的には良かったと思います。

 

どちらかといえば別れはあるけどバッドエンドではない映画がお好きな方、海の男が海の男のまま終わる映画をお求めの方におすすめのラストです!

 

映画『ウォーター ワールド』の考察

 

【考察ポイント】

  • 子供・エノーラの背中にある刺青
  • 主人公・マリナーが半魚人な理由
  • マリナーがドライランドを去る理由

 

子供・エノーラの背中にある刺青

エノーラの背中にあったドライランドまでの地図を描いた刺青は、エノーラの両親が彼女のために施したものだと思います。

 

おそらく彼女の両親は、病気か何かで余命いくばくもない状況にあったのでしょう。

 

いくら大地に恵まれたドライランドと言えども、このまま自分たちが消えては幼いエノーラは生きていけないと思ったエノーラの両親は…。

 

なんとかエノーラには生き残ってもらいたいと、彼女の背中にドライランドまでの地図を彫って、助けてもらえるように願いを込めて海に流したのではないでしょうか。

 

もし誰かがエノーラを拾ってくれれば、背中の地図を頼りに2人でドライランドまでたどり着くことが出来るという淡い望みをかけていたのではないかなと思います。

 

もしくはマリナーのような陸地に興味のないミュータントがドライランドを訪れた際に「人のいるところまで運んでほしい」と頼んだのかもしれませんね。

 

海に幼子だけを流すよりも安全ですし、陸地に興味がなければ彼女に危害を加えるような真似もしないでしょうから。

 

そう考えると、エノーラが最初からマリナーに興味を示していたことにも納得がいきます。

 

おそらくエノーラは幼き頃に自分を陸地まで運んでくれたミュータントと似たものをマリナーから感じ取っていたのではないでしょうか。

 

だからこそ最初からある程度懐いていたのかもしれませんね。

 

どちらにしろ、あの刺青はエノーラの両親が「生きていてほしい」という願いを込めて、エノーラに施したものだと思います。

 

主人公・マリナーが半魚人な理由

ミュータント・突然変異と言われているので、おそらくは海での生活が長くなった人類から生まれた、海での生活に合わせて適応・進化した人間だったのだと思います。

 

アトールの人々もミュータントであることには驚きつつも、存在自体は疑っていなかったことを思うと、おそらく半魚人のような人間は時々生まれているのでしょう。

 

マリナーもその1人。

 

ただ人によってはエラが機能していないなど、同じミュータントの中にも違いはあるようですね。

 

海の生き物も巨大化して化け物と呼ばれるくらいまで進化していたので、おそらく人類もウォーターワールドに合わせて適応・進化をしていたのだと思います。

 

マリナーがドライランドを去る理由

海での生活に適応・進化しているために、本能的に地上での生活が身体に合わなかったのではないかなと思います。

 

そもそもスモーカーズやアトールの人々は海での生活に疲れ、陸地に憧れていましたがマリナーは海での生活を満喫していましたし…陸地に住む理由がないですよね。

 

地上は波音だけの静かな海の世界とは違って騒がしいですし。

 

地上は獣の走る音、鳥の鳴き声、水音と…海では聞き慣れない音で溢れかえっているので、それが気になって落ち着かないからドライランドを去ったのかもしれませんね。

 

もしくはマリナーが魚に近い進化を遂げていたことが関係しているのかも

 

ドライランドに着いたとき、鳥の鳴き声がうるさいくらいに響き渡ってマリナーがどんどん不安そうな顔になるシーンがあったので、鳥が怖かったのかもしれませんね。

 

海に生きる者として…魚のような進化を遂げたために、鳥という天敵の存在に恐怖していたのではないでしょうか。

 

どちらにしろ海での生活に適応・進化していたがために地上での生活が身体に合わなかったから、好きな人々と別れてドライランドを去った…。

 

去ったというよりも、去らざるをえなかったのではないかなと思います。

 

映画『ウォーターワールド』の関連作品が無料

 

Amazonプライム会員なら関連作品を追加料金なしで試し読み&視聴できます。

 

 

まだ会員じゃない方でも30日間の無料体験を利用すれば無料の範囲内だけで楽しむことができるので、気になる作品があればぜひこの機会にチェックしてみてください!

 

 

ちなみにアマプラ以外にも無料で利用できるおすすめの動画配信サービスがあります!

  

www.chappu222.com

 

マンガ好きな方にはこちらの記事もおすすめ!

 

www.chappu222.com

 

まとめ

 

世界観・船・水上アクションの全てがカッコいい映画で、 めちゃくちゃ面白かったです!

 

中盤あたりから少し気になる部分が増えるものの最初と最後でバッチリ盛り上げてくれる映画なので、トータルして面白かったと思える映画でしたね。

 

どちらかといえば荒廃した世界観とハイテクの組み合わせがお好きな方、水上でのアクションがお好きな方におすすめしたい映画です!